22 June 2016

夏のヨーロッパ旅行、トコジラミに注意!

ミッドサマー旅行中は、初の予約投稿って機能を使ってみたいと思います!

__________________________

Bedbug(スウェ語ではvägglöss)って知ってますか。

スウェーデンに来るまで、Bedbug、所謂トコジラミ(ナンキン虫ともいうみたい)なんて聞いたこともありませんでした。

私が初めてこの虫の存在を知ったのは、キャンパスに暮らす友人が、虫さされを見せながら「これBedbugかも?!」と騒ぎだしたとき。

Bedbugとは、ようは吸血型の害虫で、繁殖力が高く、いろんな家具に住み着く習性があります。キャンパスやホテルのような、人や物の移動が多い場所では発生率が高く、一度持ち込まれたら、インフルエンザのようにあっという間に広がり、完全に除去しなければいくらでも復活するので、特に観光業では大打撃をうけます。

かまれたらどうなるかって?

ひたすら痛かゆい!!!!!!!!

なんでわかるかって????

私も実際被害にあったからです!!!!(゚Д゚)!!!!


あれは2年前、初めてロンドンに行った時
当時は今よりさらにお金に余裕がなかったので、とりあえず、安さ&立地の良さを重視に宿を決めました。これがいけなかった。

ロンドンから帰国後、足首あたりに虫さされのような痕が現れ、急激にかゆくなりました。その時は、蚊に刺されたかな〜ぐらいにしか思っていませんでしたが、徐々に腫れ上がる足首に、異常なかゆさ、赤みをおび、これは蚊じゃないと思った時に、ようやくBedbugが頭に浮かびました。

なかなかBedbugだと思えなかったのが、パートナーも同じベッドで寝ていたのに、被害は私だけだったこと。しかもパンツ一丁で寝ていた奴に比べて、私は長ズボンのパジャマ。それでも、bedbugにやられたのは私だけでした。

その後、ネットで情報をあさったところ、一度bedbugを持ち込むと、アパート中に広がるなんて恐ろしいことが書かれていたので、ひとまず管理会社に電話。

あとは、ロンドン滞在中に着用していた服や鞄類をすべて冷凍庫から熱湯洗濯。

管理会社に来てもらい、チェックをしてもらったら、部屋内に虫は見当たらないとのこと。ひとまず安心しましたが、かゆみが引くまで2週間ぐらいかかったかな。

あれはひどい体験だった。。。。

あれ以来、旅行はホステル系の安宿には泊まる勇気はなく、なるべくbooking.comで星2以上、評価7以上のところを選ぶようにしています。

お金に余裕があれば、こんなひどい体験することもなかったんだろうけど、旅行者全員がお金に余裕があるわけではないですよね。

私がロンドンで泊まったホテルは、booking.comには載ってないし、このサイト経由で宿泊したホテルは、サイト内に書かれている評判どおりなところばかりだったので、けっこう信頼できます。

これから欧州、特に大都市に貧乏旅行する予定の方は、なるべく安宿でもbooking.comに掲載されている宿、それに加えて、事前にグーグル等で「○○(ホテル名)、bedbug」と検索しておくことをオススメします!

私が宿泊したのは、ハイドパーク近くにある、The Continental Hotel。駅が近く、朝食込みでものすごく安かったです。安いには安いなりの理由があるんですね〜


最近では、海外からの旅行者が増えている影響で、日本でも被害がみられるそうです。
また上記のように、キャンパス内でも数年前に大流行したことがあるそう。命に関わるほど危険なものではないですが、かゆいし気持ち悪いし、、、

今年も欧州を周りますが、どうか被害にあいませんように。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment