27 March 2018

歯磨き粉。

普段使っている歯磨き粉、他の人は何を基準に買っているんだろう。

私はパッケージで選んで買うこともあれば、値段で決めることもある。

結構長く使っている歯磨き粉は、Apoteketで買えるこれ。

パッケージ可愛いでしょ。
これにはフッ素も1450 ppm配合されているので十分。

実は今グループワークで歯磨き粉について調べているんだけど、知らなかったことばかり。

初期の虫歯を修復し、歯を強くする役割のあるフッ素。

Socialstyrelsen(保健福祉に関する国の機関)は、1000から1500ppmのフッ素が含まれた歯磨き粉を日常的に使うことを進めています。

詳しく調べてないけれど、スウェーデンで買える歯磨き粉は、1450 ppmフッ素配合が多いのかな。

これから歯磨き粉を買うときは、1450 ppmのフッ素(Fluor)が配合されている商品にしよう。フッ素配合の歯磨き粉を使うことが、一番の虫歯予防。

あと、歯磨き後のすすぎはなるべく少なく。口内に長くフッ素が残っていることが大事。


少し調べてびっくりしたのは、日本では市販の歯磨き粉のフッ素配合はマックス1000ppmだと長い間薬事法で定められていたみたい。そいや、フッ素配合の歯磨き粉、弟がわざわざ歯科医院で購入していたような気がする。。。

それが2017年(去年!)に法改正されて1500までになり、今は1450ppmフッ素配合の歯磨き粉が「高濃度フッ素配合」商品として販売されているようです。

高濃度じゃないですから、普通ですから。


たまに年配の方などで歯茎や口内の粘膜の状態がよろしくない人などは、フッ素入りの歯磨き粉を敬遠して、フッ素が配合されていないアロエ配合の歯磨き粉を使っているそうです。

ネットでは、ヴィーガン対象に「フッ素未配合」の歯磨き粉も売っています。

ただ、口内の粘膜を刺激するのはフッ素ではなく、ラウリル硫酸ナトリウム(Sodium lauryl sulfate、SLS)というやつなので、SLSが配合されていない歯磨き粉を選ぶべきなのかな。


この前実習で、プラークチェックをしました。

小学校時代に半年に一回ぐらい、クラス全員で赤い染料で歯を染めたことありません?

それです。

毎日丁寧に磨いているつもりでも、奥歯の方はけっこう磨けてないんだな。

そのあと、色が残った部分を専用の器具を使って磨きあいっこしました。

おかげで私の上の歯はツルツルです。

歯磨きがんばろ。









No comments:

Post a Comment