05 July 2016

白夜の国で夏至祭を祝う。〜白い夜〜

ルレオ旅行記、最終編です。

今回のルレオ旅行の最大の目的は、白夜を体験すること。

ルレオの観光センターやルレオ在住の友人に、船で近隣の島にいくことを提案されました。

ルレオ観光センター(市立図書館に隣接)の人は、とっても親切だったので、観光の際はぜひ!

どうやら近隣のSkärgården(群島)にはボートでいけるようで、
さっそくネットで予約。
群島のなかでも一番大きな島、Klubbviken(クルッブヴィケン)に行ってみることに。


ここは夏の間はレストランやバーがオープンし、夜中もそれなりににぎわうそうですが、残念ながら私たちが訪れたのはそのオープン前日。笑

なので、街のスーパーでsmörgåsstubbeというサンドイッチケーキを買い、酒屋で買っておいた白ワインを持って、島に上陸。滞在時間は4時間!何もない島で4時間!


島は、長いビーチにコテージなどもあり、シーズン中は賑わいを見せるでしょうが、
私たちが訪れた人は、観光客が数名、キャンプ中の若者の軍団、キャンプ中の家族連れぐらいでした。

あいにく小雨が降るなか、持参した食べもので夏至祭ディナー。笑

(注)北スウェーデンにはめっちゃ蚊がいます!!しかも大きくて、ジーパンの上からでも普通にかまれました。さされるとチクッとします!!!!この夜だけで何十匹もやっつけたような気がします。。。なので、北に行くさいは虫除けスプレー必須ですよ(´・ω・`)

さてさて、なんせ帰りのフェリーがくるまで4時間もあるので、島をちょっと散歩。


バルト海!
ここは湾なので、汽水なのか海の匂いはあまりしなかったけれど、やっぱり日本海沿いで育った私は、海が見える風景がなんか好きです。

スウェ語で、小さい湾はen vik(ヴィーク)、大きい湾は en bukt(ブクt)と言います。この島の名は、Klubbviken、クルヴ湾ってことなのかな。


西側の海岸沿いを歩いていると、ちょうど夕焼けが。夕焼けといっても、夜の23時を過ぎています。


このサンドビーチ、もうちょっと暖かくなったら泳げるんだろうなー
いつかここでキャンプしたい!


さすが北欧。影がものすっごく長いです。


電波はあるけど携帯も使わず、というか使う気にならず、何もない島で4時間。
でもこんなにきれいな夕日だと、時間が経つのはあっという間でした。

なんなんだ、この夕日パワー。

私のミラーレスじゃ、本物の美しさの100分の1も記録することができませんでした。
ちょっと天気があやしくて、島巡りするか悩んだけれど、行って良かった。
行って本当に良かった。

夕日をみせてくれた神様、ありがと〜

あまりにも時間があったので、白夜に酔いしれた酔っぱらいで動画も撮りました。

@nyfiken.jpが投稿した動画 -


そして、ようやくルレオ市内に戻ったのは12時を過ぎてから。

ホテルの窓から、東の空。

夜1時の空でも、こんなに明るいなんて、本当に白い夜、白夜でした。
南スウェーデンも薄暗くはなりますが、ここまで明るくはありません。

これが本当の白夜なんだな〜


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment