12 July 2016

この季節で一番あぶないアイツ。


スウェーデンで暮らしていると、森のど真ん中でなくとも、普通の住宅街で野ウサギや、ハリネズミ、時々はシカなんかも見かけることができます。

この前はパトの実家の庭で、Fasan(ファサーン)というキジをみかけました。

画像

この時期は、こんな可愛い小鳥が、チョコチョコと道を歩いているのをとくによくみかけます。

Måsunge、カモメのひな鳥。

 © Susanne Stenius

毛がふわふわで、ぴょこぴょこ歩いている姿がとっても可愛い。

でも!!!!!!!!!!!!!

この可愛い光景にだまされてはいけない。
このひな鳥の近くには、必ず親鳥がいて、その親鳥がめっちゃ凶暴なんです!

Fotograf: Stefan Hage (birds.se)
このMås、ぶっちゃけマジでスウェーデンで一番危険なヤツだと思ってます!!!

子育て期は特にアグレッシブ。

特にリニエ大学(旧ベクショー大学)のキャンパス内には多く生息していて、
こいつの凶暴性を知らない留学生が、ちょっと好奇心でひな鳥に近づこうものなら、上からMåsが覆い被さってきた、フンをかけられた、髪の毛をむしられた(?!)なんて被害情報はたくさん聞きます。

しかも、ひな鳥は普通にそのへんの道を歩いているので、気がついたらひな鳥が近くにいて攻撃をくらう、なんてことも。

私自身、普通に自転車で自転車道を走っていたら、その道のわきに巣があったかなんかわからないけど、いきなり攻撃されたことがあります。そして前を走っていたパトはフンをかけられた。。。笑

あの事件以来トラウマで、私はこの可愛い光景をみたり、Måsを見るだけでも

 © Susanne Stenius

無意識に、ヒィ(゚ロ゚ノ)ノ って心臓がバクバクします。。。

無邪気に近づかないように気をつけてください。
髪の毛、むしりとられますよ。


にほんブログ村 ライフスタイルブログ 北欧ライフスタイルへ
にほんブログ村


にほんブログ村 海外生活ブログ スウェーデン情報へ
にほんブログ村

No comments:

Post a Comment